平成28年10月4日(火)、以前より準備が進められていた「全国地籍調査推進委員会」の設立総会と、第1回総会が、東京都千代田区の「ルポール麹町」で開催されました。
この委員会の目的は、地籍調査を通じて「国民の安全安心」と「地域経済の活性化」に貢献することとされています。そのためには、全国規模の組織化により、広く国民を巻き込んだ地籍調査の啓発活動を行うことで、地籍調査の早期完成に向けて国民の機運を高めることとされています。
設立時の組織概要は、1都4県における12支部、会員総数738名であり、初代の委員長には発起人代表で(一社)長生郡市地籍調査協会代表理事の石塚修氏が就任しました。
総会では、設立趣意書の説明ののち、会則、平成28年度事業計画、組織が承認され、国への要望書について決議されました。

このエントリーをはてなブックマークに追加